中古車のデメリット

中古車に乗るデメリットはとても壊れてしまいやすく、せっかく安く買っても修理代で高くついてしまうのがネックです。中古車はどうしてもエンジンにトラブルがあったり、足回りにトラブルがあることもあり、何度も修理し直すこともあります。

新品の車は購入したら10年以上は壊れません。それがどうしても壊れてしまうのですから、実に中古車は駄目だなと思うのです。フロント部分が壊れることもありますし、タイヤが外れやすくなってしまうというトラブルもあったりします。

そんな中古車に乗るデメリットは他の人に一度渡ったというところなのです。新車ではないので、他の人がどう乗っていたかとか、どのような使われ方をしていたかというところも考えてしまうところです。気分的に気持ち良いという感じではないのです。

中古車に乗るデメリットはすぐに壊れるからお金がかかります。

中古車を買って、壊れたら廃車を買取ってもらう…このサイクルを繰り返すと、損もなくていいのかなぁと思いました。

一番、いけないのは中古車が壊れたら修理をしてしまうことですね。年季にもよるので、何とも言えませんが車も人の体と一緒です。年を追うごとに、様々な部品がダメになってしまう物なんです。

そんな中古車を修理しても、お金がかかるだけです。それならば新車を購入したほうがいいですよね。

なので、年季がこもっている中古車が壊れたらすぐに廃車に…そしてまた予算にあった車を購入すると良いでしょう。