状態のいい中古車に乗るメリット

中古車と言ってもレベルはいろいろあります。その中で、走行距離の少ない中古車、あるいは多少多くても修理歴のない、車内にもへたりのない中古車を選んだ場合、メリットあいろいろとあります。
まず何より、車を持つということに対するコストパフォーマンスの良さです。

新車で200万で購入し、5年で5万km乗った場合、1km当たりのコストは、40円です。これに対したとえば5年落ちの中古車を70万で購入し、同じく5年間5万km乗った場合は、それが、14円と3分の1以下です。最近の車は非常に耐久性がよく、5年乗っても10年乗ってもそれほどへたれませんから、自動車を「移動の道具」だと思って購入するなら、中古車のほうが断然コストパフォーマンスがよいということになります。

また、新車でカーナビなどのいろいろなオプションを付けて購入すると、購入費用は思った以上に高くなります。しかし、中古車の場合、オプションにどういうものがついているかを前提に車を選ぶことができますので、最初から必要なオプションのついている車を、自分にとって適正な価格で購入することができます。これもメリットの2つ目です。

さらには、車にはスタイルに流行り廃りがあります。今の新車のスタイルはどちらかというと、ガンダムっぽいというか、ロボットのような風貌のいかつい車が多いように思えます。それが好きな人はいいですが、もっと洗練された、「しゅっとした」車が好きな場合、中古車を探せば自分の好みのスタイルの車が見つかる可能性が高いです。自分の嗜好を優先させるなら、中古車を選択の範囲に入れたほうが、より好みの車にたどり着ける可能性があります。
以上のような理由から、新車よりも中古車を買ったほうが、場合によってはメリットがあるということが言えるのです。