中古車は何と言っても安い

中古車については人により好き嫌いがあるとは思いますが、一概に避けるべきものであるとまではいえないのではないでしょうか。中古車を避けるべきであるということの根拠といたしましては、事故を起こした車がちょっとだけ化粧直ししたうえで売られているということがあげられますが、たしかにこの点は憂慮すべきではあるものの、価格で選ぶことが理に適っているのではないでしょうか。信頼できる店から買うのであれば、このような事故車は避けられるのではないかと思います。

中古車の最も大きいメリットはやはり価格が安いことでしょう。新車であれば恐ろしく高いのですが、ちょっとの間乗られていたというだけで、驚くほどの安い値段で、いい車を入手することができます。今現在の不景気な状況下では、車にそんなにお金をかけていられないというのが実情ではないでしょうか。もちろん、いくらでもお金を掛けられるという富裕層は中古車など見向きもしないでしょうが、それ以外の層は貧しくなる一方ですので、どうしても中古車を買わざるを得ないというところはあろうかと思います。

貧しいのにもかかわらず、新車を買ってしまいますと、当然のことながら、その他の点でしわ寄せが来てしまいます。安物買いの銭失いなどと言いますが、高いものを買っても銭は失われるという点に注意しなければなりません。やはり、一般論ではありますが、お財布に見合ったものしか買ってはならないのではないでしょうか。